まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2015年10月20日

文房具本の世界に期待の新星


夏休みの宿題で作った文房具図鑑がすごい - デイリーポータルZ:@nifty
http://portal.nifty.com/kiji/151020194854_1.htm


小学生の男の子が、使った文房具をイラストつきで紹介・批評する本を、
100ページという大ボリュームで作成した!とのことで大変話題になっています。




私もこの図鑑のコピーを、ブングジャム二次会で見せてもらったのです。
個人でほそぼそと文房具本を作ってる私にとっては内容が気になるところです!

いや〜、すばらしいですね。
もっとみんなが自分の好きな文房具の話を冊子にすればいいと思ってるので
大歓迎です。

ブログは終わりとはじめがないので読むが好きじゃないんですよ。
本で「ここからここまで、僕の言いたいこと」ってなってるのが好き。

小学生にして、自己満足だけでなく人も楽しませようと漫画やイラストなどのコンテンツを突っ込んでくるところもすごい!
私も雑誌のような、何度も読めて、写真とデータだけじゃない本が読みたいし作りたいといつも思ってる。

100ページのボリューム……
私だってもう13冊も出してて350ページ以上文房具のこと書いてるモンね〜!!!
(本気で張り合う)
11年かかってるけど〜!!って、そうか、この文具本を作った健太郎君が生まれた頃から書いてるのか……


デイリーポータルの取材記事を読むと、きっかけはMONO消しゴムについて知ったところかららしいけど、ボールペンを漫画作成のために使ってたとか、漫画を描いてるうちに文房具にはまったというところが私にも覚えがある展開。

↓こっから自分語り
--------------------------------------------------

私も子どもの頃から漫画を描いていまして、

■小学三年生でページにコマをわって漫画を描く
 →漫画を描くために、らくがき帳の存在を気にするようになる(文具店で買いたいものができた)

■本を作りたい。と思って、遠足のしおりみたいに綴じることを思いつく
 →ホッチキスに興味がでる。綴じるためにページ数がある漫画を(紙の両面に)描き始める。

■小学四年生、本のページ数を増やすためにクラスメイトから漫画を募集する。
 →キングジムのクリアファイルを発見、漫画を痛めずに回覧できると感動する

■中学二年生あたりからオタクになって、仲間内のコピー本を作成したり、
 イラストの描き方を研究したり、友達と通販で画材を共同購入したりする
 →「スクリーントーン発注するけど一緒に買う人いる〜?」みたいな掛け声が響く教室でした
 →ホッチキスで止めたあとに「製本テープ」を巻くことを覚える
 →ロットリングに憧れながらつけペンの練習をする

■高校、専門学校あたりは安定して文房具・画材店で使いたい材料を探す日常が続く

■21歳、無職、近所の文房具屋さんがなぜか「パソコンに詳しい人」という条件の
 スタッフ募集を店頭に貼っていたので、応募して入社しシステム担当になる
 →どっぷり文房具の世界へ……

--------------------------------------------------

やっぱり、何かを描く・書くことを続けていると、文房具からは離れる隙がないわけですよ。
漫画家さんとかには文具好きが多いんじゃないかしら。
小説家、ライターなどの執筆業でも多いですよね。
事務職も、「あっこれ使いやすい!」に気がつくと一気に文具の世界へこんにちは。

最初に紹介した本の作者:健太郎くんも、ぜひこれからも漫画を描いて、そのついでに「使いやすい・表現に役立つ文房具」を見つけていって欲しいなあ。
そしてまたいい文房具ネタが溜まったら本を作って欲しい!
posted by 藤村阿智 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月16日

呉竹「筆ごこち 極細」でイラストを描く

ことあるごとに「一番使ってる」「何度も買ってる」「何本も持ってる」といい続けて、
あまり同士はいないけれどお気に入りのペンが「筆ごこち(呉竹)」という筆風サインペンだ。

m_hudegokoti.jpg

【筆風サインペンのすばらしさ】

とくに黒いキャップの、普通のものがお気に入り。
筆圧でかなり自在に太さを変えられるのに、筆ペンではなく「筆風サインペン」というだけあって安定した硬さがあって、細く描きたいときも活躍する。

私はコレをメモや伝言にどんどん使っている。ボールペンで書いた文字より、ふせんやメモ用紙に描いてあるときに目に留まりやすいと思うのだ。

あと、黒い。入りも抜きもきれいに濃く黒い線が引ける。
白黒の漫画やイラストのベタにすごく便利。
正直つやベタには向いてない。これはやってみればわかる。言葉で説明できない。

--------------------------------------------------

【極細タイプも登場、しかし】

ところで、上の写真のとおり「極細」タイプも存在している。
私も当然「あの筆ごこちに極細が! これを待っていた!」と飛びついたけど、使ってみたら些細な違いが気になって、結局二本目を買わなかった。

いまいちだな〜と思った点
・細いだけあって、インクの「濃くてたっぷり」な感じが無くなってる
・細いだけあって、ペン先が少々固めで、紙に描く感触が「サリサリ」している。
 プラマンとかのペン先が近いかも。

「通常の方との違いが気に入らない、極細タイプ固有のメリットがない」と感じて、通常版のよさを改めて確認する結果に。


【極細タイプとの再会】

先日 展示会へ行ったとき、呉竹さんのブースでメーカーの方とお話できる機会があった。
筆ごこちへの愛を伝えるチャンス!ということで、
「筆ごこち好きです!いつも使ってます!!」と伝えた。
「やっぱり宛名がきや記名に使ってるんですか?」「いいえメモなどに幅広く使っています、とにかく黒いのがすごくいいです!」
そんな会話をしているうちに、
「極細タイプはご存知ですか?」と言われたので、正直に
「極細は一回、デター!と思って買ったのですが、使った結果普通の筆ごこちのほうがいいなあと思って、二度目を買ってないんです」と答えた。

すると担当さん、「そうですか〜、漫画を描く方などに人気なんですけどね」とおっしゃる。
「えっ、私も漫画やイラスト描いてます。どういう風に人気なんですか」と聞くと
「ペン入れをこの極細タイプで描く方がいらっしゃるそうで、画材店でよく売れていくんです」とのこと!

【もう一度、挑戦してみる】

で、家に帰ってからもう一度極細タイプの筆ごこちをつかって、今度は絵を描いてみる。
下書きをして、ペン入れをして、消しゴムかけて、ベタ塗って完成。

fudegokochi.jpg

紙が悪い上に消しゴムで消した部分が荒れちゃったのでにじんじゃってるけど、確かに意識して描くと、細い線はもちろん、結構いろんなタイプの線が一本で描ける。……気がする。

ちょっと慣れは必要。でももしかしたらミリペンで描くところは筆ごこちに変えるって手もあるかも?
タッチがつかないほうがいい無機物など描くときにはミリペンの安定した線は魅力的だけど、
なにしろ「筆ごこち」の線は消しゴムで消しても薄くならない
これはかなり魅力的で、他のサインペンより優れているところですぞ。

サッサッと描くと細いところがかすれがちだし、長く紙の上に接地させちゃうとダマができちゃうから、
細くてくっきりきれいな線はやっぱりつけペンが一番かなあ……

--------------------------------------------------

この再会をきっかけに、もう一度極細をちゃんと使ってみようと思う。
つけペンで描きたいところはやっぱりつけペンのほうがまだまだ思うとおりに描けるかな。

つけペンのインクも呉竹の墨汁を使っている私にとって、呉竹の黒インクは温かみがあって好きな黒なのだ。
posted by 藤村阿智 at 17:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★オススメ文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月08日

「日本と欧米のアンティーク事務用品」展に行ってきました!

八重洲文具室で開催中の
「日本と欧米のアンティーク事務用品」展 
に行ってきました!

RIMG0314 (2).JPG

以前にも「大正・昭和アンティーク文具展」でコレクションを展示した、たいみちさんの古文具コレクションの中から、とくにオフィスで使われた事務用品が展示されていました。

古文房具と言っても、個人が家で使う文房具と、オフィスで使われるものははっきり分かれているでしょうね。
現在はそんなに区別がないような気がしますが、それでも個人では使わない文房具(事務用品)は沢山あります。
伝票、ぶあついパイプファイル、二穴パンチ、チェックライター……

とくに昔は高価なものも多かったでしょうから、個人ではなかなか持たない文具なんじゃないでしょうか。

RIMG0309 (2).JPG

昔の広告は、感覚が一回りしてるのかどれもかっこよく見える。

RIMG0308.JPG

昔の計算機など。
高かったんですよ電卓。
間近で、中の機構までじっくり見られる!

RIMG0310.JPG

机上で使うこまごました事務用品。クリップやピンやペン、インク、ノートなど今と代わらないものから、時代を感じるものまで。

RIMG0311 (2).JPG

ホッチキスたち!

RIMG0312.JPG

くるんとしたところに、針をストックするみたいです。かわいい。


展示は10日(土)まで。
見たい方はお早めに!!
タグ:イベント
posted by 藤村阿智 at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 八重洲文具室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月07日

いつもぶんぐ 1分間アニメ新作


キャラクター「いつもぶんぐ」のアニメを作りました。
1分間なので、ぜひ見てみてください。文房具も出てきますよ。
効果音とBGMもつけました。




もともと、Twitterのヘッダ画像を作ろうと思ってて、
イラストを描くに当たってシチュエーションのストーリーを作ってたら
そのまま動かしたくなって……
イラストをFlashで描いているので、アニメにするのは楽です。
制作時間は、おもいついてからだいたい6時間ぐらい。

気に入った箇所をループするgifアニメも作ってみました(笑)

pump_roop.gif

いつもぶんぐちゃんが沸いてでてるようで楽しいでしょう(?)

LINEスタンプもまだまだ販売中です。

いつもぶんぐ
http://line.me/S/sticker/1010413
いつもぶんぐ2
http://line.me/S/sticker/1101017
posted by 藤村阿智 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 音声・映像作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月01日

ニチバン テープのり「tenori」が使いやすい

たまに「文具とか使い心地はおなじでしょ」って言われますし、
実際「ほとんどおなじだからあとは好みの問題かな……」と思うときもあります。

ひさびさに「これは使いやすいぞ」と思ったのが
ニチバンのテープのり「tenori」。

RIMG0284.JPG

私は不器用なので、修正テープとかテープのりとかデコレーションテープとか
こういう「押しながら引く」使い方のものを上手に使えないんですよ。

それなりにコツを習得して使ってますけど、ちょっと気を抜くと「失敗した!」ってなりがち。

・貼りたいところにちゃんと貼れず、のりが欠けちゃう
・紙への押し付けが足りなくて空振りする
・デコボコしたものの上で貼ろうとしてうまく貼り付かない

って感じです。

でもtenoriはぎゅっと押さえつけなくても軽いチカラでテープが張り付くし、
するっと軽く動くし、貼り終わりもキレイに切れる。
ボールペンの書き味みたいにたとえると筆圧が要らなくてなめらかでダマにならないって言うか……

ペンケースに入れるには大きいサイズだけど、領収書やチケットの整理などにガンガン使ってます。

ボーっとしてても失敗なく使えるってのは、作業のときに無駄なストレスがなくて良いことだと思いますよ。


ニチバン テープのり tenori(てのり) TN-TE8 強粘着


うーん、amazonのレビューでは評価が低いなあ。
私の感想と全然違う感じ……
posted by 藤村阿智 at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ★オススメ文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする