まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2017年10月06日

【お楽しみは文房具】第2回が公開されました!

連載中の漫画、「お楽しみは文房具」の第2回が公開されました。
ぜひぜひ読んでみてね。
実体験をもとにしています。

★お楽しみは文房具 第2回 ボールペンの発売日2

今回の見どころ?はこんな感じでっす。

文とび宣伝02_01.jpg



前回のブログ記事も頑張って長ーいの書いたんでよかったら見てみてね。
うちにあるシャープペンシル全部: まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ
http://bungukamen.seesaa.net/article/453942310.html



posted by 藤村阿智 at 10:54| 漫画新作情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

うちにあるシャープペンシル全部

うちにあるシャープペンシルを全部ブログで紹介してみるのはどうだろう。

そう思いついたのは、もちろんうちに少ししかシャープペンシルがないからである。
ボールペンは無理じゃない?紹介するんじゃなくて写真だけ、ペンを広げて「どうよ」ってやるのはできそうだけど、あんまり意味がないし。カラーペンやその他筆記具も含めたら片付けるのも考えたくない感じになるんじゃないか。そうでもないか。でもまああんまりやりたくないな。

と言うことでシャーペンの写真を撮った。
まずお気に入りで普段使ってるものから。

mecha01.JPG

もう何年も更新されていない、このラインナップ。
パイロットS5の0.7と、パイロットシンメトリー0.5。
持ち歩くのはS5、家ではシンメトリー。寝室とパソコンデスクの2か所にシンメトリーを置いている。
シンメトリー好きなんだけどな。どこがと言えば、この先のほうまでグリップとつながっておおわれているところ。段差なし。絵を描くせいか、短く持つ癖があって、普通のシャープペンは大体ペン先の段差に薬指が当たって痛いんですよ。

細かいところを描く時は短く持ち、長い線を描くなら長く持つ。そういう持ち方を変えて描くときは、変にグリップが「ここからここまで」ってなってたり、くぼんでたりしたら嫌なのですよ。
だからシンプルな形が好きです。S5も同じ理由で使ってます。グリップが硬かったりすると好きじゃないのでS3、S10、S20とあるけどやっぱり一番S5が好き。 0.7が好みなのですが、シンメトリーには0.5しかなかったから0.7が欲しかったな〜。(なかったよね……?)

mecha02.JPG

お次は、昔使い込んだパイロットのVega0.7。
太さが気に入って買って、何も不満がないまま壊れないのでずっとつかったもの。
年季が入ってるでしょ。
下は最近買ったコクヨのコロレーシリーズのシャーペン。
見てください。先っぽに段差がなく、グリップでおおわれており、ちょこっと滑り止めがついている。そして軽い。完璧じゃないですか、シンメトリーの段で言ってた「好みのポイント」以上にイケている!
文具店では見かけなくて、私はキャンドゥで買いました。
軽くて描きやすいです。でも……なんだろう……芯がやたらと折れるんですよ。私のだけ??芯が折れることをあんまり気にしない私でも気になる頻度で折れる。

そういえば、最近こういう先っぽがプラスチックのシャープペン使ってない。そのせいでちからのかけ方が違うのかね。

mecha03.JPG

次〜。
普段はあんまり使わないけど気に入ってる太い芯のシャープペンたち。太い芯で絵を描くとうまく見えるけど、それは目が勝手にいい感じに補間してるだけなので、最終的にペン入れするなら太い線で描くとギャップが出ちゃうからよくない。
でも落書きとかメモにはするする書けて楽しいよ。

mecha04.JPG

なんとなく、買ったけど出番は少ないシャープペンたち。
これまでちょこちょこ言っているけど、太い柔らかめの芯が好きなので……細い芯は使うところがなくて……
でも、絵描きの人でペン入れせずにシャープペンの線だけで描いてスキャンするタイプの人は細いの好きですよね。私は筆圧が強いので(持ち方も悪いから力が入っちゃう)細いと折れる、消しゴムで消せない、と不便になるのです。
あとノックをカチカチやったり芯を戻したりってのを無意識にやるので、ノックしなくていいものはあんまり出番がない。ペンも斜めにしがちで、結構芯を出してないとペン先をこすってしまう、などなど。
ぺんてるグラフギアはファンも多い名品ですけど、私の場合グリップが金属なものは薬指が削れるのです……
これを買って初めて知ったのも遠い昔……それ以降硬いグリップのシャーペンは買っていないのです。
ダイソーの0.9は悪くないけど、ほかにも0.9持ってるので特にこれじゃなきゃいけないこともないので買って満足して使ってない……

mecha05.JPG

つぎはコレクションもの。
「きっと勝っと」なシャーペンは受験前のノベルティだったと思う。もしかしたら売ってたかな?
マーブルチョコみたいなシャープペンは、キャップをすれば完全に円柱型で面白い。ノックはキャップをお尻にセットして押す。
BICのキラキラはBICの文房具セットに入っていた。
Meijiのは当時はやってたお菓子コラボペン。
お土産でもらったドラえもんシャープ。
あれ、これよく見たらいいグリップのカーブしてるじゃん……
でもドラえもんのマスコットがブンブン揺れて描きづらい。取ったら普通のペンだな……

mecha06.JPG

最後に、多機能シャープ。
左のはマークシート用、平べったい芯が付属。試験と宝くじに。だいぶ用途に幅(?)があるな。
ピアノ鍵盤柄2色ボール・シャープペン。短くて何気に便利かも。いっそボールペンの芯は抜いて、軽くて短いシャープペンとして使ったら新しい書き心地に……?
1101.comペンは、ほぼ日手帳の付録としてもらったもの。元はぺんてるの多機能ペン。
SUDOKUペンシルはノックが要らないタイプ。パズルを解く邪魔をしない。


これで全部です。

22種類でしょうか。

消耗品でもないので、あまりいろいろと試せていません。
今のところS5とシンメトリーで満足しているというか……


なんでこんな記事を書き始めたかと言えば、こないだネットの某所で絵を描く人たちが
「私の使ってるシャーペンはね〜」
「お気に入りのシャーペンはね〜」
……と、大変興味深い話をしていたんですよ。
残念なことにあまり長く見られなかったし、もうログが流れて追いかけられないのですが。
ちゃんと見られなかったからたいして情報も傾向もつかめなかったので、またああいう話を見てみたいと思いつつ、目に入ったのは「回る機能あんまり必要ない……(芯が回転して尖る機能)」「細いの好き」「細いの苦手」というような、シャープペンへの感想。

考えてみれば、私のシャープペンへの不満って「これ、絵を描く道具じゃないんだなぁ」と言うところ。
文字を書くものですわ、シャープペン。

NHKの「漫勉」とかで、漫画家の方が絵を描いてるシーンが映ると、結構な頻度で
「字を描くのと全然違う持ち方だな」って人がいるように思います。
私も、先述の通り
・ペンのすごく先のほうを、短く持って細かいところを描く
・長い線やラフ、アタリはペンの真ん中らへんを軽く持って倒し気味にしゃしゃしゃーっと描く
って感じで、持ち方がどんどん変わります。
多分勉強してるときはそういう使い方をしない。

じゃあ、絵を描くときに使いやすいシャープペンってのがあるんじゃないか?

とりあえず私にとっては、シンプルで、手が痛くならず、持ち替えが容易で、グリップなど邪魔になるものがなく、太めの芯が入り、軽いもの。

鉛筆でいいような気がするけど、やっぱり削るのは大変だし、鉛筆シャープだとストレートすぎて持ちにくいんだよなあ。角は無いほうが嬉しい。細すぎても手がつかれる。贅沢。


シャープペンについてはほとんど詳しくないから、知らないだけで
「あれが完璧なのに何を言ってるんだこいつは、しらないのか!?」ってのがあるかもなぁ〜
長いことシャープペン売り場に行ってないな……
シャープペン探し強化期間にしようと思います。

----------------------------------------
【余談】

パイロットのクロッキーシリーズは絵を描くためのホルダーですよね。
あれはすごくいいです。でも4.0mmの太芯だしシャープペンではないんですよ。
ああいう形・軽さのシャープペンがあれば私の理想に近いかも。
クロッキー | 筆記具 | 画材・製図用ペン | 画材用ペン | 製品情報 | PILOT
http://www.pilot.co.jp/products/pen/art_pen/art_pen/croquis/

改造して自作するかな……?

----------------------------------------
【余談2】
パイロットのサイトを眺めてたら「デルフル」のかたちいいなぁ〜
でもクリップが外せなそうだな(外しちゃうタイプ)。
こんど探してみよう。
シャープペンシル デルフル | 筆記具 | シャープペンシル | シャープペンシル | 製品情報 | PILOT
http://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/delful/
レックスグリップのシンプルさもなかなか。
レックスグリップ | 筆記具 | シャープペンシル | シャープペンシル | 製品情報 | PILOT
http://www.pilot.co.jp/products/pen/sharp_pen/sharp_pen/rex_grip/

結局全部パイロットかよ!w
他も見てみます!
----------------------------------------
【宣伝】
シャープペンもちょこっとあり、ボールペンやマーカー、筆ペンなどその他の筆記具についても語った同人誌の電子版がAmazon kindleで配信中なのでよかったらどうぞ。Kindle Unlimitedでの読み放題にも登録しています。

【同人誌】別冊文房具 筆記具 電子版 (メルプのお部屋)


その他の文房具関連同人誌はCOMIC ZIN様で通信販売も委託しています
posted by 藤村阿智 at 19:00| 文具話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月03日

電卓柄のTシャツ

Tシャツデザインは好きな仕事です。
仕事って言っても自分で勝手に作って、勝手に自分で着たり、デザインを登録すればオンデマンドで制作・販売をやってくれるサイトに登録したりっていう感じですが。

今までにいろんな画材やサービスでTシャツを作っています。それについてはサイトでまとめているのでぜひご覧ください。力作ですよ。

【布に絵を描く】オリジナルTシャツの作り方【手描き・絵の具】 BLACKSTRAWBERRY
http://www.blackstrawberry.net/achiT/index.html



オンデマンド制作・販売サービスでは、以前は「デザインガーデン」というサイトを利用していました。
自分用にもいくつも作ったなあ。何よりよかったのは、Tシャツの質がいいということ。
Tシャツがペラペラだと、せっかく気に入った柄でも着心地が悪いし、1枚で着れなかったりするし……
でもデザインガーデンはサービス終了してしまったのです。
その後、新しいサイトになかなか出会えていなかったのですが。

いや、正しくはすでに登録していたのですよ、SUZURIというサイトに。
いろんなオリジナルグッズが作れるサイトです。でも、Tシャツの質に不安を感じていました。
薄そうだなと……
それが、SUZURIは今年の夏に取り扱いTシャツを新しくしたんですよ。厚みがましたんです。
それを機会に、実際に私も作ってみました。
Tシャツを作った感想は……いいじゃーん、普通に着れるぞ!
これならオリジナルの柄をプリントして、好きに着られる!!
ひとにも勧められる!

私のおすすめは、淡い色のTシャツへのプリントです。濃い色だとインクを厚くして絵を乗せるので、どうしても使っているうちにひび割れなどの痛みが発生しやすいですし、Tシャツにイラストが乗っかっちゃってる感がでるというか……淡い色なら、プリントの色も下地に影響を受けますが、インクのなじみがいいかんじでごわつかずいいですよ。

dentakuT.jpg

注文はこちら。サイズも色も変更できます。
https://suzuri.jp/achifujimura/145060/t-shirt/l/lightblue


先日の「シナガワブングジャム」で、文具王がこの柄のTシャツを着てくれていてびっくりしました。たぶんデザインガーデン時代のTシャツだと思う!
おもわず「そっ、そのTシャツは!!」と写真を撮らせてもらったり(笑)
実際人が着てくれているのを見るのはうれしいですね〜。

Tシャツ以外のトートバッグなどのグッズ、藤村阿智が作成したほかのデザイングッズもいろいろありますよ。
https://suzuri.jp/achifujimura

ラベル:電卓
posted by 藤村阿智 at 17:45| Comment(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。