まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2014年11月13日

2014年に使った手帳 無印良品デスクノート

手帳の話を本にしようと思ったけど、自分の感想しか言えないし使いこなしも何も無いので、
ダラダラと「どんな手帳を・どういう理由で選んで使って・どうだったのか」を書くなら
WEBがいいんだろうなあということで、写真やリンクを交えて書きます。


【2014年に使った手帳 無印良品デスクノート】

メーカー:無印良品
商品名など:デスクノート
始まり:2013年12月始まり
タイプ:見開き片側一週間バーチカルタイプ
大きさ:350*170mm
価格:1000円

無印良品のデスクノート2015年版のページへ
http://www.muji.net/store/cmdty/detail/4547315824946?searchno=1


d01_1.jpg

写真を見ていただいてわかるかどうか、デカイです。
デスクダイアリーなんだから当たり前ですが。
デスクダイアリーというのはその名のとおり、大き目のスケジュール帳で、デスクに置いて使うものです。持ち歩きません。その代わりたっぷり紙面がありますので、とにかくたくさん書き込めます。

私の用途はスケジュールの管理ではなく、行動メモなのです。
読んだ本、歩いた歩数、食べたもの、外出時間、見たアニメ、映画、作った作品……などなど。
何日の何時ごろに。っていうのもわかるといいな。ぐらいの気軽なメモです。

d01_2.jpg

こんな感じで。結構細かく書き込んでますね。暇な証拠です。
忙しいときはむしろ、白っぽくなってしまいます(笑)

見開き片側一週間、後ろに折り返せる横型というのは無印のデスクノートの特徴です。
ダブルリングは本来、書くときの邪魔になるので好きじゃないんですけど、綴じが上にあるんだったら邪魔にならない。むしろ、開いた時の大きさが(折り返すことによって)半分になる。

d01_3.jpg

裏側(ページの左側)は罫線のメモ欄です。なにかメモしたいときは、さっと裏返してメモれます。
これもいいところ。写真のページは一番くだらないメモが書いてあるので参考写真に使いました。
ゲームの呪文くみあわせ表みたいなものと、自作曲の音階書きおこしと、架空のラノベタイトルという大変どうでもいいことが書いてあります。

ところで
このデスクノートはさすがにでかすぎるのに、何で選んだのかというポイントですけど、
d01_4.jpg
ここです。

土日が平日と同じサイズ。

フリーランスで平日休日関係なく、スケジュールじゃなくて一日の行動メモなんだから、土日だって平日だって同じスペースが欲しいですよ。
でも、バーチカルで見開きタイプだと、結構土日は一緒になってることが多い。
一週間が七日あるからです。見開きに配置すると、左3日・右4日、みたくバランスが悪い。
そこは、左メモ欄+3日、右4日にしてくれたらいいと思いますが、なかなかそういう手帳が無いんですよね……

2013年は同じ無印の、小さい(A5サイズぐらい)の似たようなダイアリーを使っていました。
2014年も同じものを使おうと思って買いに行ったら、土日が小さいことにきづいて……
2013年は会社で、会社の仕事メモに使ってたんですよ。だから土日が気にならなかった。
あわてて探して、こちらを購入したわけです……

【まとめ】個人的な評価

■よい点
・平日と土日が同じ大きさ
・ダブルリング天綴じ使いやすい
・たっぷり書き込める
・開いたままにしておけるので書き込みたいときにわざわざ開く必要がないのはすごくいい
・つくりがしっかりしている
■いまいちな点
・バーチカルの時間が8時〜20時までしかなく、20時以降も動いてる私に合わない
・でかい。置いておく場所がない。そこらへんに置くしかなく困ってる
・でかいせいでめくりづらい


ほかの年に使った手帳も今後紹介したいと思ってます。
posted by 藤村阿智 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 手帳・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック