まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2016年05月17日

万年筆用のインクで絵を描く

懲りずに万年筆用インクで絵を描いています。
万年筆一本しか持ってないんだもの。そっちはパイロットのブルーインクカートリッジを入れるって決めてるんだもの。

ということで、今回もつけペンで万年筆用インクを使って描いた話です。




綿棒と水も使って。

水にある程度溶けてしまうから、先に描いた主線までにじませないように、綿棒の扱いにちょっと気を使いました。
先に綿棒で色をつけて、最後に主線を描くのもありかもしれません。
または、線がにじんでもいいような絵にするとか。

今回の紙は.tooのスケッチブック。コピック向けらしく、にじみにくいようですよ。
このスケッチブックを買ったとき、一緒にWinsor&Newtonの水彩マーカーを買ったら、店員さんが
「こちらのスケッチブックはあまりにじみが生かせないですけどだいじょうぶですか?」って聞いてくれた。
W&Nのマーカーは別で使うつもりだったからぜんぜんかまわないんですけど、
そういう風に製品の特徴を把握して、ちゃんと買う人に伝えてくれるのがすばらしいと思いました。

で、万年筆インクの絵も、今回はにじみをそんなに重視しなかったのでこのスケッチブックに描きました。
今度は同じような技法で水彩紙(にじみ止め少)に描いてみようかな?

万年筆インクについてはこちらに記事を書きました。


posted by 藤村阿智 at 14:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文具話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。