まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2016年06月24日

【14巻】ドラえもんのグッズあれこれ【文房具】

高岡で買い集めてきたドラえもんグッズ。


web_IMG_0140.jpg


高岡に行ってきた話は、webサイトで写真つきの記事を公開しているので
ぜひそちらも読んでみてください!

高岡へ藤子不二雄関連聖地巡礼に行ったよ【前編】 まんが道 ドラえもん 自由研究シリーズ BlackStrawberry
http://www.blackstrawberry.net/other/takaoka2016.html

高岡へ藤子不二雄関連聖地巡礼に行ったよ【後編】 まんが道 ドラえもん 自由研究シリーズ BlackStrawberry
http://www.blackstrawberry.net/other/takaoka2016_2.html
posted by 藤村阿智 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【14巻】100円ショップで見つけて……【文房具】

文房具本Vol.14に載せる予定の文房具ちらみせシリーズ。

web_receipt.jpg

100円ショップで見つけてお気に入りの文房具。
まあみたままの商品です!
posted by 藤村阿智 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

【14巻】見つけて買ってきた文房具……

web_IMG_0233.jpg

変わってるな〜とおもって購入した文房具。
使い心地はわるくない。こういうのもいいな〜。
posted by 藤村阿智 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

【14巻】文房具……?

web_IMG_0223.jpg

お菓子コーナーで見つけて買ったもの。
「けしごむだよ」って自分から名乗ってるから……多分文房具です!
posted by 藤村阿智 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

【14巻】文房具本作業

同人誌の締め切りまで1ヶ月を切っております。
予定では本文32ページ、表紙4ページ(うち2ページは白です)を作成しますが、まあまだ……ページ自体は真っ白です……

素材を作ったり、写真を加工したり、ジャンルや特集を考えたりするのがいちばん時間のかかるところですから、
それが終わったらがーーーっと「完成ページ数」が増えていくのでありますよ。

ブログも更新したいけど、文房具本のことを考えているとついつい本に書く内容をそのまま書いてしまいそうになる。べつにいいけど、せっかくこれから出す新刊なのに……

ということで、毎日(できるかわからないけど)
「文房具本Vol.14に掲載予定の文房具写真」をUPしていこうかなとおもいます!
「へえ〜新刊にはこういうのが載るのか……」と楽しみに?していただければと。

もちろん他の話も書けそうなら書きます。
表紙も出来たら公開します……

※逆に、ここに載せたものの同人誌には載らないってこともあるかとおもいます……
まだ中身を書きはじめてないので最終形態がどうなるかさっぱりわからん!


では掲載予定文房具第一弾。

web_100_kezuri02.jpg
posted by 藤村阿智 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

文房具の同人誌

毎年作っている、文房具本の季節になりました。
文房具本を作り始める5月末〜イベントがある8月末までは、けっこう文具漬けの毎日になります。

いままで購入した文具の整理とか、
写真を撮影したり、
分類や特集を作って、
ページを埋めていく……

表紙も考えなくては。

いまのところ、表紙デザインも文章も構成も写真も私がひとりでやってるわけですよ。
まあ複数人でやらなきゃなんないほど大掛かりなものでもないですしね。
締め切りはいまからちょうど一ヵ月後です。


私は全体を作ってから書き込んでいくことができないんですよ。
ひとりでやってるせいかもしれない。
たとえば私は文房具の選定と、紹介する文章とイラストだけ描くっていうならラフから始められるのかもな?
レイアウトとか台割はひとがやってくれるなら。

いまの文房具本の作り方は、
文房具を並べて眺める→だいたいねたが出揃う→ぼんやり「まとまってるから特集できそう」「これで1ページ書けそう」と思いつく
→思いついたものから写真を撮る→写真をページに貼ってみる→あいた場所に必要な情報と文章を書き込む
→文章を書き込むスペースが足りなかったら写真の大きさとかを調節する

って感じで、他の人が見たらイライラすること間違い無しです。
あとから「これも入れたい」とかいって詰め込んでみたり。
せっかく作ったけど「こういうんじゃなくてこっちの特集にしたかった……変えよう」と破棄したり……

きままな同人誌ですよ!!

いまは写真を適当にとって、まだなんにも考えてないけど写真をきれいにしたり切り抜いたりしています。
年々写真がヘタクソになっていく。カメラはいいものになっているはずなのに……
昔の写真、きれいに撮れてたと思うのにな〜、私の眼が肥えたのか?それならそれで、昔のを読み返して確認したりしたくないな〜……


バックナンバーのVol.13はComicZINさんでも購入できます
もちろんイベントにも既刊としてもって行くので、よろしくお願いします。売り切れたら販売は終わりです。

bunbougu13_web.JPG
posted by 藤村阿智 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

ペンを置くための文房具を作ってみた

文房具、が、本来筆や硯、墨と言うことでしたら、
このアイテムはけっこう「文房具」らしいものかもしれませんよ。

penyasume01.jpg

名前は「ぺんやすめ」としました。
つけペンを使いながら、消しゴムをかけるときなど「しまうほどじゃなく、ちょっと置いておきたいけど転がっていくのは困る」……そんなときにペンを置く場所。
箸置きみたいなものです。

せっかくだからいきものが可愛く持っててくれないかな〜

……と思って、粘土で作ってオーブンで焼いてみました。
この粘土の詳細や、使い方はこちらに書いています。
【粘土・陶芸】オーブンでできる粘土陶芸に挑戦 BLACKSTRAWBERRY
http://www.blackstrawberry.net/nendo/index.html

penyasume02.jpg

カラダを反らして、一所懸命持っててくれるイメージです。
尻尾もありましたが、乾かしているうちに取れてしまいました……細すぎた。

penyasume03.jpg

スッと置けますし、転がっていかないですよ。これはなかなかいい感じです。
まあグリップが滑り止めになってるかもしれません。
作るときには、実際にペンを置いたりして腕の開きや長さを調整しました。

足の部分は、倒れないように開いているのもありますが、
私の「インクつぼ」を置くための場所にもなります。

penyasume04.jpg

このワンディコンタクトレンズの空きケースを洗ったものに、書道の墨を入れて使っているので、それを置いておける場所としておまたの間が開いています。(笑)

penyasume06.jpg

セットするとこんな感じです!

penyasume07.jpg

どうです。一所懸命でしょう。


私にしか使えなさそうな文房具ですが、こういう風に置きたいものを起きたい場所にあわせて作れちゃうのが一点モノのいいところです。
posted by 藤村阿智 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月11日

夏コミ(C90)当選です。日曜日東メ05a

夏コミ(2016年8月12日〜14日)C90に当選しました。
スペースは日曜日東メ05a です。

14日(日曜日、三日目)の東ホール、メ05a と言うことでございます。
夏コミはなかなか過酷なので、無理してこなくてもいいと思いますが
(私の本はコミティア117、8月21日開催 でも頒布予定です。こちらのほうがゆったり回れるので、急がない方はこちらでどうぞ)
もし3日目に参加される方がいらっしゃったら、是非寄っていってください。
私のスペースの周りは文房具系サークルさんが固まってますよ〜。

今回、久しぶりにお誕生席じゃないので、ちょっと心配です。
お誕生席ってのは楽なんですよ。人が見ていってくださるのも多くて良いんですが、
後ろや隣に余裕がありますし、知人が来てくれたときも端っこだと便利で……
いやいや今回もがんばりますよ……

今回のカタログ用サークルカットはこんな感じです。

web_comike90.jpg
posted by 藤村阿智 at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント参加情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月10日

【浮気性】最近お気に入りの油性ボールペンはこれだ!!

……とあおりタイトルっぽいのをつけてみたけど、やっぱり慣れないんでいまいちですね。

しかもすぐに答えを言ってしまいます。
PILOTのアクロボールです。




まあ、私にとって油性ボールペンは「だいたいどれもが描きやすい」という存在なので、
久しぶりに使ってみると「あれ?これすごく描きやすい気がする……!」と思って、それに変える、と言うことを延々くりかえしているわけです。

だいたい使いまわしているのは
★ジェットストリーム
★アクロボール
★パワータンク
の三本。あ、油性ボールペンの話ですよ。

不思議なことに、水性ボールペンやマーカー、ミリペンなどは好みがはっきりしていて、
「これ以外つかわない!」って感じで偏ってお気に入りばかり使ってしまうんですが、
油性ボールペンはだいたい「これもこれでいいなあ」って思うんです。

油性ボールペンの用途は「メモ、ノート、日記」を書くこと。
ページのあるものにはウラヌケを気にして水性が使えない。
(と言ってみて初めて自分の気持ちに気づいた。なるほど)

油性ボールペンもインクの色が濃いほうがすき。
そういう意味では、パワータンクはちょっと色が薄めで物足りないかな?
でもなんか安心感があるんですよね。ふんわりした説明ですね。

ジェットストリームはインクの濃さ、ペン先の繊細さに文句はありません。
ただ、夏になってきました。私は汗っかきで、しかも冷房がにがてです。だいたいノートとか紙が濡れます。
そういう風に濡れてしまうとジェットストリームはまったくインクが乗らない……まあそれは普通か。


長くなりましたがアクロボールの気に入ってる点を書きます。
書けなくない」というところです。
なんか一見するとひどい感想なんですが、重要なところですよ!
みんな書けますけど、かけないときがあるんですよ!

私のデスクはノートを置く場所が20cmもなくて、基本的にはみ出しているんです。
だから、ノートの奥のほうをキーボードの上に(キーを押しちゃわないように)ふんわりのせて、
斜めになってるところに手を差し込んでメモるんですよ!!
つまりノートの下は机じゃなくて、手だったり、空気だったりするわけです。
そんなときでもアクロボールはけっこうくっきり書けるんです。書けなくないんです。
ぺこぺこしてても柔軟に筆記できる。きゅっと筆圧をかけることができないときでもボールが回ってインクが出てくれる。

じゃあジェットストリームはかけないのかと言うと、そうでもないんですが、
でもなんだかアクロボールよりスカッとなるときが多い気がしまして。
本当に個人的で、感覚的でしかない満足度のちがいです。


そもそもノートをぺこぺこした状態で使うなよ、とも思うんですが、
私は普段は漫画を描いたりしているので、そういうときには環境をしっかりセッティングをしますが
メモを取るときぐらいはサッと取りたいじゃないですか。
そのためにデスクに何冊もノートを開きっぱなしにして重ねて置いているわけです。
宙に浮いていたり、下が(他のノートとかで)がたがたしててもしょうがないのです。

アクロボール頼りになります。油性ボールペンが好きな人はぜひラインナップに加えてみてください。


アクロボールのCMが公式サイトで見られましたけどなんだろうこれ(笑)

アクロボール”どこでもお試し/自動車ディーラー”篇| TV-CM | PILOT
http://www.pilot.co.jp/tvcm/movie19.html
アクロボール”どこでもお試し/靴売り場”篇 | TV-CM | PILOT
http://www.pilot.co.jp/tvcm/movie20.html
posted by 藤村阿智 at 13:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ★オススメ文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

消しゴム買ってきた:AIR-IN(エアイン)いろいろ 

漫画やイラストを描いているので、下書きをシャープペンシル・鉛筆でする都合上、消しゴムが欠かせない大人です。

けっこう、文具好きでも何でもない人には「消しゴムとか懐かしい〜」って言われるんですけど、
私にとっては懐かしくもなんともない普段の文房具です……


お気に入りはプラスのAIR-INです。

消しゴムのよしあしなんてほとんど個人的嗜好みたいなものだと思うんですよ。
「これよく消えますよ」と言われてためしに消してみると、なるほどよく消える。
普通に「よく消える」と自称している、おなじみのメーカー品ならだいたいどれもよく消えます。

IMG_0364.JPG

さらに、おなじ銘柄で少しずつ特徴が違うものを買ってみるなんて、もう趣味でしかないわけです!
今回はダストフリータイプを新しく購入しました。
写真の他にも、エアインハード、通常エアインと持っていますが、それらは小さくなってどこか別の場所にいます。
すぐに出てこなかった……

最近良く使っているのは、デスクに置いてるエアインソフト。
Wエアインはスリムタイプなので、ペンケースに入れてるものです。


消しゴムの違いは好き嫌い程度で、どれだって消えるよ。といいつつも、私が好きで「これが使いたい、ぜったい使いやすいぜこれは……!」と思っているのがこのAIR-IN(エアイン)なのです。

あと、消しゴムは新しいものや、表面に油がついていないものがいちばん消しやすいので、
消しにくくなったらカットしたり買い換えたりして、消しごこちを復活させています。
もったいないからと長くコロコロ転がして使ってると「これ消えにくいな〜、あっ(買ったばかりの)新商品はなんて消しやすいんだ!」と思ってしまうのです……
なるべく消しゴムの表面に触らないようにして、長く使えるよう気をつけています。
posted by 藤村阿智 at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ★オススメ文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする