まかせて!文具仮面 : 文具漫画と文房具ブログ

文房具本Vol.13、Vol.14 COMIC ZINさんで通販受付中!

LINEスタンプいつもぶんぐ
文房具LINEスタンプいつもぶんぐ」第1弾、第2弾販売中!
500_100bungukamen.jpg

2016年06月26日

【14巻】切符のようですが【文房具】

web_IMG_0141.jpg

切符じゃないですか〜って一瞬思いますが、これも文房具でございます。
posted by 藤村阿智 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

【14巻】電卓の写真は撮り直したい【文房具】

もともと写真を撮っていた文房具もありますが、
新しいカメラを買ったんですよ……撮り直したい……

私の写真の腕が年々落ちていて、昔より写真がきれいに撮れない現象が続いています。
なんなんだろうこれ?カメラの性能は上がってるのに?
京都の部屋が明るかったのかな?東京来てから明らかに写真が明るく取れない。
まさか50と60Hzの違い……いやいや……

web_PB190871.jpg

だって、前のカメラで撮った写真の補正前ってこんなですよ。
照明も当ててるんですが。カメラ側の露出や感度もいろいろ試してるけど、試してマニュアルにするほどだめで……結局いちばんきれいに撮れるのはオートモード。

ま、もう一度あたらしいカメラで取り直しますよ。

この電卓はまだ試してみていない。テレビで見たことない芸人さんの電卓で、
電卓ではじめてギャグ?聞いても寒いだろうし、そもそももう流行していないんじゃ……?

でも貴重な男性の声の電卓、ちゃんと使ってみなくちゃですね。

まだamazonで買えます。

8.6秒バズーカー音声付電卓


ラベル:電卓 文具本 14巻
posted by 藤村阿智 at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

【14巻】ドラえもんのグッズあれこれ【文房具】

高岡で買い集めてきたドラえもんグッズ。


web_IMG_0140.jpg


高岡に行ってきた話は、webサイトで写真つきの記事を公開しているので
ぜひそちらも読んでみてください!

高岡へ藤子不二雄関連聖地巡礼に行ったよ【前編】 まんが道 ドラえもん 自由研究シリーズ BlackStrawberry
http://www.blackstrawberry.net/other/takaoka2016.html

高岡へ藤子不二雄関連聖地巡礼に行ったよ【後編】 まんが道 ドラえもん 自由研究シリーズ BlackStrawberry
http://www.blackstrawberry.net/other/takaoka2016_2.html
posted by 藤村阿智 at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【14巻】100円ショップで見つけて……【文房具】

文房具本Vol.14に載せる予定の文房具ちらみせシリーズ。

web_receipt.jpg

100円ショップで見つけてお気に入りの文房具。
まあみたままの商品です!
posted by 藤村阿智 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

【14巻】見つけて買ってきた文房具……

web_IMG_0233.jpg

変わってるな〜とおもって購入した文房具。
使い心地はわるくない。こういうのもいいな〜。
posted by 藤村阿智 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

【14巻】文房具……?

web_IMG_0223.jpg

お菓子コーナーで見つけて買ったもの。
「けしごむだよ」って自分から名乗ってるから……多分文房具です!
posted by 藤村阿智 at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

【14巻】文房具本作業

同人誌の締め切りまで1ヶ月を切っております。
予定では本文32ページ、表紙4ページ(うち2ページは白です)を作成しますが、まあまだ……ページ自体は真っ白です……

素材を作ったり、写真を加工したり、ジャンルや特集を考えたりするのがいちばん時間のかかるところですから、
それが終わったらがーーーっと「完成ページ数」が増えていくのでありますよ。

ブログも更新したいけど、文房具本のことを考えているとついつい本に書く内容をそのまま書いてしまいそうになる。べつにいいけど、せっかくこれから出す新刊なのに……

ということで、毎日(できるかわからないけど)
「文房具本Vol.14に掲載予定の文房具写真」をUPしていこうかなとおもいます!
「へえ〜新刊にはこういうのが載るのか……」と楽しみに?していただければと。

もちろん他の話も書けそうなら書きます。
表紙も出来たら公開します……

※逆に、ここに載せたものの同人誌には載らないってこともあるかとおもいます……
まだ中身を書きはじめてないので最終形態がどうなるかさっぱりわからん!


では掲載予定文房具第一弾。

web_100_kezuri02.jpg
posted by 藤村阿智 at 10:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

文房具の同人誌

毎年作っている、文房具本の季節になりました。
文房具本を作り始める5月末〜イベントがある8月末までは、けっこう文具漬けの毎日になります。

いままで購入した文具の整理とか、
写真を撮影したり、
分類や特集を作って、
ページを埋めていく……

表紙も考えなくては。

いまのところ、表紙デザインも文章も構成も写真も私がひとりでやってるわけですよ。
まあ複数人でやらなきゃなんないほど大掛かりなものでもないですしね。
締め切りはいまからちょうど一ヵ月後です。


私は全体を作ってから書き込んでいくことができないんですよ。
ひとりでやってるせいかもしれない。
たとえば私は文房具の選定と、紹介する文章とイラストだけ描くっていうならラフから始められるのかもな?
レイアウトとか台割はひとがやってくれるなら。

いまの文房具本の作り方は、
文房具を並べて眺める→だいたいねたが出揃う→ぼんやり「まとまってるから特集できそう」「これで1ページ書けそう」と思いつく
→思いついたものから写真を撮る→写真をページに貼ってみる→あいた場所に必要な情報と文章を書き込む
→文章を書き込むスペースが足りなかったら写真の大きさとかを調節する

って感じで、他の人が見たらイライラすること間違い無しです。
あとから「これも入れたい」とかいって詰め込んでみたり。
せっかく作ったけど「こういうんじゃなくてこっちの特集にしたかった……変えよう」と破棄したり……

きままな同人誌ですよ!!

いまは写真を適当にとって、まだなんにも考えてないけど写真をきれいにしたり切り抜いたりしています。
年々写真がヘタクソになっていく。カメラはいいものになっているはずなのに……
昔の写真、きれいに撮れてたと思うのにな〜、私の眼が肥えたのか?それならそれで、昔のを読み返して確認したりしたくないな〜……


バックナンバーのVol.13はComicZINさんでも購入できます
もちろんイベントにも既刊としてもって行くので、よろしくお願いします。売り切れたら販売は終わりです。

bunbougu13_web.JPG
posted by 藤村阿智 at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 文房具本関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月12日

ペンを置くための文房具を作ってみた

文房具、が、本来筆や硯、墨と言うことでしたら、
このアイテムはけっこう「文房具」らしいものかもしれませんよ。

penyasume01.jpg

名前は「ぺんやすめ」としました。
つけペンを使いながら、消しゴムをかけるときなど「しまうほどじゃなく、ちょっと置いておきたいけど転がっていくのは困る」……そんなときにペンを置く場所。
箸置きみたいなものです。

せっかくだからいきものが可愛く持っててくれないかな〜

……と思って、粘土で作ってオーブンで焼いてみました。
この粘土の詳細や、使い方はこちらに書いています。
【粘土・陶芸】オーブンでできる粘土陶芸に挑戦 BLACKSTRAWBERRY
http://www.blackstrawberry.net/nendo/index.html

penyasume02.jpg

カラダを反らして、一所懸命持っててくれるイメージです。
尻尾もありましたが、乾かしているうちに取れてしまいました……細すぎた。

penyasume03.jpg

スッと置けますし、転がっていかないですよ。これはなかなかいい感じです。
まあグリップが滑り止めになってるかもしれません。
作るときには、実際にペンを置いたりして腕の開きや長さを調整しました。

足の部分は、倒れないように開いているのもありますが、
私の「インクつぼ」を置くための場所にもなります。

penyasume04.jpg

このワンディコンタクトレンズの空きケースを洗ったものに、書道の墨を入れて使っているので、それを置いておける場所としておまたの間が開いています。(笑)

penyasume06.jpg

セットするとこんな感じです!

penyasume07.jpg

どうです。一所懸命でしょう。


私にしか使えなさそうな文房具ですが、こういう風に置きたいものを起きたい場所にあわせて作れちゃうのが一点モノのいいところです。
posted by 藤村阿智 at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 手作り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする